Global TOHOKU

Home > FAQ > F.兼業における発明

F.兼業における発明

Q1.兼業またはベンチャーで発明を行ったときの取扱いは?

A1.兼業先(ベンチャーを含む)は、就業規則の適用範囲外であるために、非帰属扱いとなります。