Global TOHOKU

Home > FAQ > H.産学連携について

H.産学連携について

Q1.産学連携の中で、各部局の役割はどのように変わるのか?

A1.産学連携の中でこれまで各部局が果たしてきた役割は全く変わりません。これまで通り、共同研究や受託研究、奨学寄附金等の窓口には各部局に担当していただきます。
ただし、発明が大学帰属になったために知的財産の取り扱いに関して大きく変わりました。各部局の事務担当の皆さんが対応しきれない知財に関することがありましたら、知的財産部へお問い合わせ下さい。

Q2.企業への説明は?

A2.関係省庁の産学連携推進に関するイベントへの参加、東北大学イノベーションフェアなどの独自イベントの企画開催、個別企業先訪問等を取り混ぜて実施してきております。

Q3.寄附金の取り扱いは?

A3.「寄附金は、共同研究とは異なり、投資に対しての見返りを求められる義務はありません」とされています。技術の移転先企業の透明性を確保するためにも、共同研究契約又は受託研究契約を結んで活動し、寄附金は本来の研究助成となるようにしたいと考えております。(しかしながら、当面は個別案件により柔軟に対応したいと考えておりますので、事態が発生しましたらご相談ください。)