Global TOHOKU

Home > 学生を研究協力者にする場合の留意点

学生を研究協力者にする場合の留意点

学生を研究協力者にする場合は、2つの問題が発生する可能性があります。

1つ目は「守秘義務」、
2つ目は「教育を受けるために入学した者を働かせる」ことです。

本来、学生は授業料を支払い、教育を受ける権利を享受しており、大学は学生に対して共同研究、受託研究や様々な研究プロジェクトに学生に参加を強要することはできません。
ただし、中でも大学院学生は、研究者や高度技術者を目指す観点から、教育上有意義であると判断される場合、教育の一環として学生を共同研究等に参加させることを認めています。ただし、学部学生は原則認めてなく、院生からとしています。学部学生を参加させる必要性がある場合は、次の誓約書を作成して、部局長に提出して了承を得ることにしています。この場合、以下の4項目が条件となります。

  1. 教育上有意義であること。
  2. 自らの意志で参加すること。
  3. 学生の教育を受ける権利を阻害しないこと。
  4. 学生に対し、研究代表者(指導教員)は参加を強要しないこと

また、研究協力者にする場合は、相手先企業の了解が必要となりますし、研究代表者が責任を持って秘密保持のための誓約書を出させることになります。ただし、当該学生が、共同研究先の競合先企業へ就職した場合等の守秘義務の問題が懸念されますが、研究協力者になった学生を就職先選定等で制約することはできません。

誓約書

誓 約 書

 国立大学法人東北大学(以下「甲」という。)と○○が平成○○年○○月○○日に契約(以下「本契約」という。)した共同研究、研究題目「○○○」(以下「本研究」という。)において、本研究に学部学生が参加するにあたり、研究代表者(指導教員)及び学部学生は下記内容について遵守することを誓約致します。

  1. 本研究の研究協力者として参加することが、教育上有意義であること。
  2. 本研究の研究協力者として従事するに当たっては、自己の意志と責任において参加すること。
  3. 本研究へ学部学生が参加するにあたり参加を強要するなどの教育を受ける権利を阻害しないこと。
  4. 本研究の契約内容を理解し、本契約第6条に定める甲の研究協力者として本研究に参加すること。
  5. 本契約第13条に定めるノウハウ及び本研究第15条に定める秘密情報をはじめ、本研究に参加することにより知り得た情報を第三者に漏洩しないこと。
  6. 卒業等により学生たる身分を逸した後も、前項に定める本研究に参加することにより知り得た情報を第三者に漏洩しないこと。

上記の事項について、承諾の上本研究に参加致します。

平成○○年○○月○○日
(学 部 長)  殿
研究代表者(指導教員):        学生: