Global TOHOKU

Home > 産学連携機構について > ごあいさつ

産学連携機構について

ごあいさつ

産学連携機構長 矢島 敬雅

 東北大学は、建学以来、「研究第一主義」「門戸開放」「実学尊重」の理念を掲げ、世界トップレベルの研究・教育を創造してきました。

 その研究成果は、社会の直面する諸課題の解決に答えるとともに社会の指導的人材を育成することで、人類社会の平和と繁栄に貢献してまいりました。

 こうした実績を有する東北大学が、今後においても社会に貢献する大学であり続けるために、昨今の国立大学を取り巻く環境の変化も踏まえ、平成27年4月、新たに「産学連携機構」を設置いたしました。

 本機構では、これまで産学連携推進本部が担ってきた役割に加え、学内の関係組織が取り組んできた産学連携活動の「点」から「面」への変革や、産学連携活動の「見える化」、「ハイレベル化」に取組み、「実学尊重」の理念に基づく本学研究成果の戦略的な社会実装により、大きな社会的インパクトの実現を目指しています。

 また、本機構は、そのミッションや体制について引き続き検討を進めることとしており、今般整備した形をベースに、次の段階では真に必要な機能を効果的・効率的に発揮する体制を構築する所存です。

 本学が目標に掲げる「ワールドクラスへの飛躍」と「復興・新生の先導」の達成を念頭に置き、新たな体制の下、産学連携活動を推進して参りますので、引き続き関係各位のご支援とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成28年7月
産学連携機構長 矢島 敬雅