HOME 支援内容

支援内容

事業ステージ支援


ビジネス・インキュベ-ション・プログラム(BIP)による、研究から起業まで各ステ-ジにおけるシ-ムレスな支援。

大学による直接の事業化支援 (BIPフェ-ズ1)では、事業イノベ-ションセンタ-を中心に、将来性のある革新的な技術の事業性検証や実用化に近い技術の顧客開拓活動・事業計画策定等、あるいは事業化に近いレベルにある技術に関しては共同事業化を目的とした企業との共同研究の推進により事業化・起業準備等につき支援します。BIPフェ-ズ1については、支援プログラムをご参照下さい。起業と起業後の事業展開については、東北大学ベンチャ-パ-トナ-ズ(株)を中心とするベンチャ-キャピタルのハンズオン支援・投資(BIPフェ-ズ2)の機会を得ることができます。
  • リスト形式
  • リスト形式
  • リスト形式

支援プログラム

BIPフェーズ1は、「育成」「重点」の2タイプの支援 ・「育成」は、①将来性のある革新的な技術について、事業構想・原理試作からプロトタイプの作製、それを用いた顧客ニーズ調査・マーケティングの実施による事業性検証等、②実用化に近い技術について、顧客開拓活動とその成果に基づいた事業計画策定・事業会社設立の準備等、幅広い段階に応じた事業化支援を視野に入れています。 ⇒大学単独で上限500万円 ・「重点」は、企業との共同研究が対象となり、プロトタイプによる本格的な事業化検証(事業ニーズの検証、競争優位性の証明)、及びそれに基づく事業化準備(量産技術確立、事業化推進体制確立)等に向けた支援です。 ⇒大学支援3,000~6,000万円 + パートナー企業が共同研究費全体の3分の1(現物負担も可)以上を負担 ・いずれも支援期間は1年間です。

支援体制

本文