Global TOHOKU

Home > 産学連携機構について > 組織体制

産学連携機構について

組織体制

平成27年4月、産学連携推進本部から産学連携機構に移行しました。

産学連携機構組織図


企画室

産学連携の推進に係る施策の企画立案及びその実施に関することを担当します。


知的財産部

知的財産の管理、特許出願手続きを行います。


総合連携推進部

産学連携のワンストップサービス、組織的連携、技術相談、プロジェクト推進支援を担当します。また、海外企業等との連携・企画、研究促進に係る国外の情報収集およびに本学の研究情報に係る海外企業への情報発信、国際産学連携に係る共同研究契約等の支援を行います。


地域イノベーション推進部

地域産業界を対象とした多様な支援メニューの提供。地域における行政、学術機関、産業支援機関、金融機関等との協調的連携の推進。地域産学官連携に関する広報活動。


事業イノベーションセンター

事業化推進事業に係る企画及び立案並びに事業化推進事業型共同研究に係る公募、審査、計画案の作成、実施の支援、進行管理、関係部局等との連絡調整等を行います。
公式ページ

イノベーション戦略推進センター

革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)に関する企画・立案及び調査・研究を行います。


産学連携課

共同研究契約、知財出願費用及びライセンス等収入の管理等を行います。


イノベーション推進支援室

全学的な産学連携プロジェクトの事務支援を行います。


ナノテク融合技術支援センター

ナノテクノロジー研究に関する機器(電子顕微鏡など)の貸付けを行います。