東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

析出強化型Co基超耐熱合金

更新:2018-12-20
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-126-1-jp.jpg
  • seed-126-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
これまで、Co基合金は高温材料として利用できる金属間化合物γ’相が存在しないため、高温強度がNi基合金に比べて低い問題がありました。我々は、新しい金属間化合物相Co3(Al,W) γ’相を発見し、γ/γ’型Co-Al-W基鋳造及び鍛造合金で優れた高温強度が得られています。1100℃以上の超高温用としてはIr-Al-W合金があります。また、Co基合金は耐摩耗性に優れる特徴を有しています。例えば、摩擦攪拌接合(FSW)ツールとして優れた特性を示し、従来、FSWが困難であった鉄鋼材料やチタン合金などの接合に対しても高いパフォーマンスを確認しています。各種、高温部材、耐摩耗部材、FSWへの適用に向けた共同研究を希望します。

研究者

工学研究科 金属フロンティア工学専攻

大森 俊洋 准教授 
工学博士

OMORI, Toshihiro, Associate Professor

キーワード

一覧へ