東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

自然免疫を標的とした創薬と利用

更新:2015-10-15
  • 問合せ
  • seed-145-1-jp.jpg
  • seed-145-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
自然免疫は、感染症、急性炎症、自己免疫疾患などと密接に関係するだけでなく、最近、自然免疫と一見無関係とも思えるガンの転移やメタボリックシンドロームなどの疾患とも関係していることが明らかとなってきました。したがって、自然免疫は、創薬の重要なターゲットであります。これまでに、自然免疫の種間での共通性を利用して、ショウジョウバエ個体を用いた自然免疫スクリーニング系を確立し、自然免疫を活性化する化合物、あるいは抑制する化合物を同定しています。また、自然免疫シグナル機構を利用した新たな検出技術も開発しています。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
創薬だけでなく、新たな検出技術の開発につながることが期待できます。

研究者

薬学研究科

倉田 祥一朗 教授 
薬学博士

KURATA, Shoichiro, Professor

キーワード

一覧へ