東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

日本企業の組織と人材のマネジメントに関する実証研究

更新:2015-10-15
  • 問合せ
  • seed-153-1-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
日本企業の大卒ホワイトカラーを中心とするナレッジワーカーが、何をどのように学習しながら一人前に成長するのか、というキャリア発達と学習のメカニズムを研究している。大卒および大学院卒で30歳代前半の管理職への昇進直前の中堅ビジネスパーソンを対象にしたインタビュー調査を実施し、主に節目となる成長の機会や学習内容を中心にライフワークヒストリーのインタビューに基づく定性的な実証研究が特徴である。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
職能教育プログラムを共同開発し、その実効性を検証するためのアクション・リサーチにも取り組んでおり、若手社員のキャリア発達プロセスに関する調査や教育プログラム開発を希望する企業との共同研究を希望する。

研究者

経済学研究科

藤本 雅彦 教授 
博士(経済学)

FUJIMOTO, Masahiko, Professor

キーワード

関連情報

著書
「大卒ホワイトカラーの学習と成長-地方銀行員が一人前の中堅社員になるための要件-」『人材育成研究』5巻1号,61頁~73頁,2010年3月,共著。

「大卒ホワイトカラーの学習と成長(2) 研究開発者が一人前の中堅社員になるための要件」『人材育成研究』第6巻1号,69頁~80頁,2011年3月,共著。
一覧へ