東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

外場印加により固液界面のエネルギー状態を制御した新しい結晶成長

更新:2018-12-19
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-167-1-jp.jpg
  • seed-167-2-jp.jpg
  • seed-167-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
我々は、結晶成長過程における界面現象と育成された結晶の特性の関係を明らかにするといった立場から、主として融液からのバルク結晶の成長に取り組んでいます。特に、界面に電場を印加することにより結晶と融液の間に電気二重層という極薄領域を形成しナノメータスケールで結晶育成を制御しています。電場印加による具体的な結晶作製研究例として、
1. 融液と結晶のエネルギー関係を制御し、従来育成が不可能とされていた高温圧電センサー用ランガサイト型結晶の開発。
2. 結晶化が困難なタンパク質の核形成を電場印加により容易に実現。
3. シリコン結晶成長において界面の不安定性を制御し、理想的な構造を持つシリコン結晶の開発。
このように21世紀高度情報化社会に必要な、光学、圧電、磁性等の分野で有用な新結晶や、あるいは、従来育成が困難とされていた結晶の創製の分野で有意義な共同研究ができるものと考えます。

研究者

金属材料研究所

宇田 聡 教授 
Ph.D.

UDA, Satoshi, Professor

キーワード

一覧へ