東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

新生骨を誘導する次世代バイオマテリアルの開発

更新:2018-11-02
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • PDF
  • seed-178-1-jp.jpg
  • seed-178-2-jp.jpg
  • seed-178-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
骨芽細胞に働きかけ骨再生を促す合成のリン酸オクタカルシウム(OCP)結晶を創製し(Suzuki O et al. Tohoku J Exp Med 164:37, 1991)、最近には骨形成能を示す機序として骨芽細胞分化のみならず骨細胞まで分化促進させることを明らかにした(Sai Y et al. Acta Biomater 69:362, 2018)。またOCPとgelatin、collagen、alginate、hyaluronic acid等との生体由来あるいは天然の高分子との複合体による次世代型バイオマテリアルを開発し臨床応用へ向けた取り組みを進めている。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
整形外科領域の骨欠損修復をターゲットとし、顎顔面・口腔外科領域にも応用可能な生体材料開発を学内共同研究により進めている。新規バイオマテリアルの開発をめざす企業に対して学術指導を行う用意がある。

研究者

歯学研究科 顎口腔機能創建学分野

鈴木 治 教授 
医学博士・工学修士

SUZUKI, Osamu, Professor

キーワード

関連情報

論文
1) Sai Y et al. Capacity of octacalcium phosphate to promote osteoblastic differentiation toward osteocytes in vitro. Acta Biomater 69 (2018). pp. 362-371.

2) 鈴木 治.リン酸オクタカルシウム骨補填材が骨再生を促進するメカニズム.J Bio-Integ 7 (2017). pp. 21-26.

3) Suzuki O. Octacalcium phosphate (OCP)-based bone substitute materials. Japanese Dental Science Review 49 (2013), pp. 58-71 (http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1882761613000021)

一覧へ