東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

対話型教授システムIMPRESSIONによる次世代教育環境

更新:2015-10-15
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-18-1-jp.png
  • seed-18-2-jp.png
  • seed-18-3-jp.png
前の画像
次の画像
特徴・独自性
IMPRESSIONは、対面教育、遠隔教育の双方において各種マルチメディア教材を活用した対話型インストラクションのための教授システムです。このIMPRESSIONでは、講師と学習者との対話に着目した成長型教授設計プロセスモデルであるダブルループモデルに基づき、実際の学習者に応じたインストラクションの設計、実施、評価、改善を可能とし、これにより、効果的で魅力的な教育を実現します。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
一般的な学校教育現場における高度なメディア活用教育のほか、遠隔地の社員を対象とした研修等、各種教育の実施環境、および、そのためのデザインツールとして活用することができます。

研究者

教育情報基盤センター

三石 大 准教授 
博士(情報科学)

MITSUISHI, Takashi, Associate Professor

共同研究者

キーワード

関連情報

論文
An Interactive Multimedia Instructional System: IMPRESSION for Double Loop Instructional Design [IEICE Transaction on Information and Systems, Vol.E89, No.6, 2006, pp. 1877-1884]

教師の対話的な教授行動に着目したDouble Loop教授設計プロセスモデル [日本教育工学会論文誌, 31巻, 4号, 2008, pp.457-468]
一覧へ