東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

脳機能イメージング技術のインタフェース評価への応用

更新:2018-12-19
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-187-1-jp.jpg
  • seed-187-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
使いやすい製品やインタフェースを作るためにはユーザである人間を含めた評価が重要であるが、人間の多様性、そして優れた適応性のためにシステム側の評価を独立して行うことは困難である。本研究では、最先端の脳機能イメージング技術を利用することによりインタフェースの評価を行う研究を行っている。MRIやNIRS等の最先端の計測装置を利用して脳活動を計測することにより、インタフェースに対峙している人間の認知活動を直接観察することができる。それにより間接的な指標では推定の難しい認知的な負荷を直接評価することが可能となる。特に川島研究室と共同で開発した超小型NRIS装置は、20名までの脳活動をリアルタイムで同時に計測できる世界で唯一の装置であり、この装置を利用して複数人の脳活動に基づく共感の計測の可能性を検討している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
これまで主観的な評価に頼ってきたユーザビリティ評価に代わって客観的な評価を行う可能性を有しており、人間を対象にした評価を必要とする企業に対して学術指導を行う用意がある。

研究者

工学研究科 量子エネルギー工学専攻

高橋 信 教授 
工学博士

TAKAHASHI, Makoto, Professor

キーワード

一覧へ