東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

ナノテクノロジーで量子の世界を切り開く

更新:2015-10-15
  • seed-19-1-jp.jpg
  • seed-19-2-jp.jpg
  • seed-19-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
ナノテクノロジーに基づいてデザインされた金属磁性体、強相関系物質、超伝導体微小構造の量子物性開拓及びその物理的枠組みの構築を行っています。極微細加工により物質中の磁気空間構造や電子の量子コヒーレンスを操り、量子機能や光機能を引き出すことで、絶縁体を媒体に使った新しいエネルギー変換・伝送技術など、従来の電子技術を超えた次の世代のテクノロジーの物理原理を創ることを目指しています。現在までに、スピン流を使った絶縁体中の直流電気信号伝送、新しいタイプの熱発電原理「スピンゼーベック効果」、スピン流を利用した熱コンベア、スピン流による光発電・音発電を実現しています。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
絶縁体スピントロニクスの新奇熱電デバイスへの応用に向けた産学連携活動などを行っており、エレクトロニクスを中心に関連する業界(電力・自動車など)との連携を期待しています。

研究者

材料科学高等研究所

齊藤 英治 教授 
博士(工学)

SAITOH, Eiji, Professor

キーワード

一覧へ