東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

輸送体制御テクノロジーによる生物物質生産(発酵)

更新:2018-12-19
  • 問合せ
  • seed-197-1-jp.jpg
前の画像
次の画像
微生物による大規模物質生産(発酵)には、化成品・食品に該当する有機酸・アミノ酸、抗生物質などの代謝産物生産がある。大型発酵タンク(数百トン)を用いて生産されるものも多く、単品で年産100万トンを越える物質も多数ある。発酵では目的物質生産のために極端な代謝制御を行う。従来の発酵産業は細胞内代謝の機能改変・強化により成功を収めたがその手法も限界に達している。即ち基質取り込み・産物排出が律速となり生産性の向上が見込めない。我々は基質取り込み・産物排出機能の強化・改変による生産性の向上を目指し、輸送体を制御して物質生産を行う技術の開発を行っている。方策の一つとして、輸送・排出過程でエネルギーを消費せずにエネルギーを生産しつつ物質生産を高速且つ高効率に行う輸送体とその共役謝系を見出し、産業応用開発を行っている。
1)Nanatani K. and Abe K. Lactic Acid Bacteria and Bifidobacteria: Caister Academic Press, pp.67-87 (2011)
2)七谷圭, 阿部敬悦バイオサイエンスとバイオインダストリー, 66, 442-446 (2008)

研究者

農学研究科/未来科学技術共同研究センター

阿部 敬悦 教授 
農学博士

ABE, Keietsu, Professor

キーワード

一覧へ