東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • 環境
  • アジアにおける廃棄物の適正処理と都市鉱山政策に関する研究-国際資源循環と越境環境問題を中心に-

アジアにおける廃棄物の適正処理と都市鉱山政策に関する研究-国際資源循環と越境環境問題を中心に-

更新:2017-01-31
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-223-1-jp.jpg
  • seed-223-2-jp.jpg
  • seed-223-3-jp.png
前の画像
次の画像
特徴・独自性
近年、アジア諸国における廃棄物処理及びリサイクルのマーケットが急速に拡大しており、いわゆる「静脈産業」、「都市鉱山」分野の潜在力が注目されている。本研究の目的は使用済み自動車、使用済み小型家電、容器包装、生活系廃棄物などを対象として、各国における廃棄物処理、リユースネットワーク、リサイクルプロセスを比較分析した上、それぞれの政策評価を行い、国際資源循環の可能性と越境環境問題の解決策を探ることである。特に各国の社会・経済・環境システムの特徴と課題を考慮し、有価物のみならず、資源化効率の低い再生資源、生活系廃棄物などの総合的な廃棄物処理と再資源化政策を提案する。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
アジア各国の動脈産業及び静脈産業における国際資源循環の連携について実践的試みを継続して行っており、人、情報、モノのネットワーク構築のための、基礎調査(Feasibility Study) 、技術指導、人材育成、環境管理システム及び新しいビジネスモデル構築などの支援ができる。

研究者

国際文化研究科 国際環境資源政策論講座

劉 庭秀 教授 
博士(都市・地域計画)

YU, Jeongsoo, Professor

キーワード

関連情報

論文

日本における小型家電リサイクル政策の現状と課題-自治体および認定事業者の実態調査分析を中心に-.[Macro Review、日本マクロエンジニアリング学会、Vol.28 No.11、2016、1-12]

日中韓における都市鉱山政策の最新動向と今後の課題[日本地域政策研究、日本地域政策 学会、No.12、2014、179-185]

Emerging Issues on Urban Mining in Automobile Recycling: Outlook on Resource Recycling in East Asia[Waste ManagementⅡ、In-Tech、2011、165-180]

一覧へ