東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

高温超伝導テープおよびケーブルの着脱可能な接合法の研究

更新:2019-02-19
  • 問合せ
  • seed-25-1-jp.jpg
  • seed-25-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
当研究室では高温超伝導テープおよび導体の着脱可能な接合法の研究を行っている。接合方法としては機械的バットジョイント、および機械的ラップジョイント(図1)を採用している。これら機械的接合法では、接合部に与える圧縮力を解除することで、着脱が可能となる。高温超伝導体は比較的高温(液体窒素温度域)で使用することで、比熱を大きくでき、ある程度の抵抗発熱を許容できる。局所的な高熱流束によるクエンチ防止には、金属多孔質体を用いた極低温冷媒の熱伝達促進技術(図2)を用いる。
本研究はこれまで想定されてこなかった高性能で短尺の高温超伝導線を利用した組立・分解・補修が可能な各種超伝導機器の開発可能性を新たに示すものであると考えている。すなわち、アプリケーション開発側から材料開発へのアプローチを可能とし、高温超伝導体産業の活性化を促せる研究であり、この技術を産業界で活用したい企業や団体との共同研究を希望する。

研究者

工学研究科 量子エネルギー工学専攻

橋爪 秀利 教授 
工学博士

HASHIZUME, Hidetoshi, Professor

キーワード

一覧へ