東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

新規な有機強誘電体、有機半導体、有機磁性体の作製と物性評価

更新:2011-05-16
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-279-1-jp.gif
  • seed-279-2-jp.gif
前の画像
次の画像
有機分子の設計自由度に着目した分子集合体の多重機能の構築および無機材料とのハイブリッド化を試みている。導電性・磁性・強誘電性の観点から、分子性材料の電子-スピン構造を設計し、その集合状態を制御する事で、マルチファンクショナルな分子性材料の開発を行っている。単結晶・柔粘性結晶・液晶・ゲル・LB膜など多様な分子集合体を研究対象とし、無機クラスターや金属ナノ粒子とのハイブリッド化を試みている。本研究に関して興味のある企業へ学術指導を行う用意がある。

研究者

多元物質科学研究所 ポリマー・ハイブリッド材料研究センター

芥川 智行 教授 
理学博士

AKUTAGAWA, Tomoyuki, Professor

キーワード

一覧へ