東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

機能性単分散ナノ粒子製造と実用化

更新:2018-12-18
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-283-1-jp.gif
  • seed-283-2-jp.jpg
  • seed-283-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
半導体、光触媒、誘電・圧電材料、磁性材料、塗料、化粧品、触媒などの機能性材料に利用するための、ナノ粒子や微粒子を液相で合成する。ナノ粒子や微粒子のサイズ、形態、構造、組成等をきわめて精密に制御し、それらの性質が均一な単分散粒子を調製する。企業が必要とする材料を提供するために、いわゆるテーラーメイドな粒子合成手法を開発している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
透明導電膜用インジウム-スズ酸化物(ITO)ナノ粒子、非鉛圧電アクチエーター用ビスマス系あるいはニオブ系ナノ粒子、誘電材料用チタン酸系ペロブスカイトナノ粒子、次世代光触媒用チタン系酸化物ナノ粒子、など多くの粒子を提供してきた。新規に開発した安価で比較的容易な液相大量合成法(ゲル-ゾル法等)により、粒子製造コストも抑えることができる。

研究者

多元物質科学研究所

村松 淳司 教授 
工学博士

MURAMATSU, Atsushi, Professor

キーワード

一覧へ