東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

リチウム電池や太陽電池などのエネルギーデバイスプロセッシング

更新:2018-12-17
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-291-1-jp.jpg
  • seed-291-2-jp.jpg
  • seed-291-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
 本間研究室では21世紀の科学技術が取り組む最重要課題である地球持続技術・低炭素化社会構築の為にナノテクノロジーを利用した再生可能エネルギー技術のフロンティア開拓を行う。新デバイス・新材料開発を中心に、太陽電池、燃料電池、二次電池等の革新的エネルギー技術を世に発信し地球温暖化対策のイノベーションを起こすことを目的としている。
 革新的エネルギー変換デバイスを実現するために、単原子層電極であるグラフェン、金属酸化物ナノシート、ナノ結晶活物質、イオン液体、表面ナノ薄膜などの革新的ナノテクノロジーの基礎研究から高容量・高出力型リチウム二次電池、全固体型リチウム二次電池、金属空気電池、大容量キャパシタ、太陽電池などの高性能電極材料・デバイス創製の精密化学プロセスを研究する。これらの革新的エネルギーデバイスを要素技術としてスマートグリッド、電気自動車や再生可能エネルギーの基盤強化に貢献するとともに産業界との共同研究を積極的に推進する。

研究者

多元物質科学研究所

本間 格 教授 
工学博士

HONMA, Itaru, Professor

キーワード

一覧へ