東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

ヒト間葉系細胞からの神経細胞誘導と神経変性疾患への応用

更新:2018-12-17
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-310-1-jp.jpg
  • seed-310-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
骨髄間葉系細胞はすでに臨床応用されており、腫瘍形成能が無い。我々はNotch遺伝子導入と浮遊培養を組み合わせることで神経前駆細胞を作り出すシステムを開発し、脳梗塞での有効性を示した。さらにGDNFによりドーパミン神経となり、ラットでパーキンソン病の機能改善が確認された(J. Clin. Invest, 2004)。さらにパーキンソン病サルの脳内へ自己細胞移植することで運動障害や脳内ドーパミン機能を長期間にわたり改善し、腫瘍形成や副作用が現れないことを分子イメージング技術で明らかにした。霊長類動物における世界で初めての成果でJ. Clin. Invest (2013)に掲載され、Nature Review Neurosci、Los Angeles Timesなど主要な雑誌やメディアで取り上げられた。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
神経前駆細胞、ドーパミン神経、共に脳梗塞やパーキンソン病の治療開発に有効である。さらに神経系に作用する薬剤開発に置けるスクリーニングにも応用できる。

研究者

医学系研究科

出澤 真理 教授 
医学博士

DEZAWA, Mari, Professor

キーワード

一覧へ