東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

新規脳梗塞急性期治療薬(TMS-007)の開発

更新:2018-12-17
  • ENGLISH
  • 問合せ
現在、脳梗塞に対し唯一承認を受けている血栓溶解剤はalteplaseであるが、出血性梗塞の副作用などから、適応は厳密に制限され脳梗塞全体の5%程度にとどまっている。
TMS-007は新しいプラスミノーゲンモジュレーター活性を有する低分子化合物で、血栓溶解作用のみならず、脳保護作用を併せ持つ。サルを含む複数種の脳梗塞動物モデルにおいてalteplaseに勝る有効性が検証されている。我々は、TMS-007の開発を進めている㈱ティムスならびに東京農工大学と共同で開発を行い、早期に臨床試験段階まで育て上げ、製薬企業にライセンスを行うことを目的とする。

研究者

医学系研究科

冨永 悌二 教授 
医学博士

TOMINAGA, Teiji, Professor

キーワード

一覧へ