東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

最大限の病変摘出と機能温存を両立させるパルスジェットを用いた手術法の開発

更新:2018-12-17
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-312-1-jp.jpg
  • seed-312-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
外科手術では転帰改善のため最大限の病変摘出と細血管、神経の温存により術後の機能障害を起こさないことの両立、同時に医療技術の高度化と標準化への要求が高まっている。パルスジェットメスはそうした時代要請に応える新しい手術機器で、既に単独施設の難度の高いトルコ鞍・頭蓋底腫瘍で既存の手術法に比較して有意な腫瘍摘出率の増加、術中出血量の減少、手術時間の短縮効果を報告した。本技術は内視鏡、カテーテル、顕微鏡を含めた低侵襲治療に対応可能な高速の微量流体をパルス状に発生させるもので、1990年代に流体科学研究所・高山研究室で衝撃波の臓器損傷で得られた知見を応用、発展させたものである。現在、効果と利便性、他機器との差別化、操作の快適性、安全性、市場戦略(価格や適応疾患の拡大)に関して多角的な検討を行っている。また、パルスジェットメスが工学的知識を持たない一般ユーザーが安全、快適に使用できる仕様に最適化することも今後の課題であり、企業を含めた共同研究を希望する。

研究者

医学系研究科

冨永 悌二 教授 
医学博士

TOMINAGA, Teiji, Professor

キーワード

一覧へ