東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

トンネル磁気抵抗素子を用いた室温動作の高感度磁気センサの開発

更新:2018-12-17
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-314-1-jp.jpg
  • seed-314-2-jp.jpg
  • seed-314-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
近年、室温においても大きな磁気抵抗効果を示すトンネル素子が多く報告され、これを用いた高感度な磁気センサへの応用が期待される。磁気センサに関しては現在、地磁気程度の磁場から極微小な生体磁場まで非常に広範囲の磁場検出のニーズに対して、様々な原理に基づく様々なセンサが開発されてきている。トンネル磁気抵抗素子を用いた磁気センサは、広範囲の磁場感度、簡易的、室温動作、安価、などの要求を原理的に満たす。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
本技術を用いると簡易的な手法で室温において生体磁場を検出でき、現在主流であるSQUIDによる高価な装置を置き換えられる可能性があり、医療分野で興味のある企業、団体との有意義な共同研究ができるものと考える。

研究者

工学研究科 応用物理学専攻

安藤 康夫 教授 
工学博士

ANDO, Yasuo, Professor

キーワード

一覧へ