東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

生体材料やシミュレーションによる医療デバイス開発

更新:2019-02-19
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • PDF
  • seed-32-1-jp.jpg
  • seed-32-2-jp.jpg
  • seed-32-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
ハイドロゲルを用いて、医療デバイスの状態を視認できるように、透明で表面摩擦抵抗が低く、ヒト血管の力学的特性および形状を忠実に再現できる全身血管モデルや、骨のモデルを開発しています。また、最適化手法を用いた医療デバイスの最適なデザインの研究として、特に、脳動脈瘤治療用ステント、カテーテルなどの開発をしています。これらは、デバイス開発のための動物実験の減少にも、貢献が期待されます。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
医療デバイス開発を進める企業、業界との連携が可能。医療画像診断装置や画像処理、MEMSを用いた応用展開、標準化開発業界、医療トレーニング企業、高分子素材企業など様々な場面で応用が期待できます。

研究者

流体科学研究所

太田 信 教授 
博士(工学)

OHTA, Makoto, Professor

キーワード

一覧へ