東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

ナノ精度機械加工による次世代光学素子創成

更新:2018-12-17
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-322-1-jp.jpg
  • seed-322-2-jp.jpg
  • seed-322-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
 日本の“ものづくり”がこれからも世界をリードしていくためには、海外の技術では到達できないような、より高い精度と付加価値をもった製品開発を強力に推進していかなければならない。そのためには、ナノオーダーの超平滑な表面並びにナノ精度の3次元形状を有する構造体を創成する超精密加工技術と、原子や分子の加除を精繊な制御によって達成し、微細な構造体を創成する超微細加工技術の2つを駆使した生産加工技術の開発研究の促進が必要不可欠である。本研究は、前者の超精密加工技術をさらに進展させるための新しい加工法の開発を目指すものである。
1.超安定・超精密自由曲面加工に関する研究
2.超精密切削加工に関する研究。

■産学官連携の強化
 本研究室では、企業との共同研究を積極的に行っております。企業から研究員を受け入れ、加工原理から実際の製品応用までの実用的な指導を行います。また企業からの技術相談は随時お受け致します。さらに、精密加工研究会、ナノ精度機械加工専門委員会を主宰し、企業との交流、連携を図っております。

研究者

医工学研究科

厨川 常元 教授 
工学博士

KURIYAGAWA, Tsunemoto, Professor

キーワード

一覧へ