東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

難処理性高分子廃棄物の化学リサイクル

更新:2018-12-13
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-331-1-jp.png
  • seed-331-2-jp.png
  • seed-331-3-jp.png
前の画像
次の画像
特徴・独自性
PET、PVC、HIPS等の廃プラスチックを、付加価値の高い化学物質への転換を目的に、乾式及び湿式プロセスで種々の高分子廃棄物リサイクルの研究をしている。例えば、PETの脱カルボキシル化にて、高収率でベンゼンを得ることに成功。また、難熱性プラスチックやPVCの脱ハロゲン化プロセスを開発し、炭化水素として燃料利用等を検討している。さらに、抗菌性やイオン交換特性を付与することを目的に、PVCの塩素の一部を官能基で化学修飾する研究をしている。また、HIPSの熱分解による脱ハロゲン化で、高収率でスチレンを得ることができる。これらの技術を用いて、金属・プラスチック複合物から金属とプラスチックを効果的にリサイクルする化学プロセスを構築している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
廃棄物のリサイクルプロセスの開発に付随して起こる諸問題を解決するための方法を提供することができる。

研究者

環境科学研究科

吉岡 敏明 教授 
工学博士

YOSHIOKA, Toshiaki, Professor

キーワード

一覧へ