東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

音声・音楽をターゲットとした信号処理・情報処理

更新:2011-11-04
  • 問合せ
  • seed-342-1-jp.jpg
  • seed-342-2-jp.jpg
  • seed-342-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
 音を中心としたさまざまな情報処理の研究を行っています。音声認識関連では、これまでに、音声認識の高精度化、音声によるロボットとの対話システムなどの研究を行ってきました。特に対話システムでは、手軽に作成できて柔軟な対話システムの開発、画像も併用したマルチモーダル対話システムなどを研究しています。また、これを応用し、外国語のスピーキング教育のための学習支援システムの技術を開発してきています。音声以外の一般音認識として、環境内での異常音の検出の研究を行っています。音声・音楽の符号化関連の研究としては、電話音声やMP3符号化音声への情報埋め込みの研究、またこれらの音信号をインターネットでストリーミング配信する時のパケットロス耐性を向上させる研究、補助情報を用いて音楽信号の操作を行う研究などを行ってきています。音楽情報処理の研究としては、ハミング音声を使った音楽情報検索の研究や、カラオケをターゲットとした歌声の自動評価の研究などを行っています。
 これらに限らず、信号時系列(音信号、センサーデータなど)や記号系列(自然言語、シンボル系列)のモデル化、認識、圧縮、データマイニングなどの技術を持っています。
 これらの技術を必要とする企業に対して、技術指導および共同研究を行う用意があります。

研究者

工学研究科

伊藤 彰則 教授 
工学博士

ITO, Akinori, Professor

キーワード

一覧へ