東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • 社会基盤
  • 防災・減災および耐久性評価のためのマルチスケール・マルチフィジックス解析手法の開発

防災・減災および耐久性評価のためのマルチスケール・マルチフィジックス解析手法の開発

更新:2019-03-12
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-368-1-jp.jpg
  • seed-368-2-jp.jpg
  • seed-368-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
計算力学・計算工学の立場で、
(a) 材料の非均質微視的構造に対する数値計算手法の開発、およびその適用による巨視的材料特性の評価
(b) 構造物と流体の相互作用、多重物理・化学現象の数値シミュレーションのための理論・技術の開発
(c) マルチスケール・マルチフィジックス解析による社会基盤構造物と材料の劣化プロセス・強度発現機構の解明ならびに耐久性評価のための計算工学的手法の構築
に取り組む。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
想定される用途・業界
(a) 各種材料メーカー:材料モデルの構築と数値シミュレーションソフトへの実装
(b) 建設業:構造物の強度および安定性評価手法の高度化
(c) 自治体:安全・安心を保持するための実践的な防災・減災・再生技術の構築

研究者

災害科学国際研究所

寺田 賢二郎 教授 
Ph.D.

TERADA, Kenjiro, Professor

キーワード

関連情報

山本晃司・平山紀夫・寺田賢二郎, 数値材料試験データに基づく強化プラスチックの異方性Hill定数の同定 [日本機械学会論文集, Vol. 82 (2016) No. 840, pp. 16-00056-16-00056]
松原成志朗・寺田賢二郎, 変形勾配の粘塑性・粘弾性乗算分解による熱可塑性樹脂のレオロジー的構成則 [日本機械学会論文集, Vol. 82 (2016), No. 839 pp. 16-00060-16-00060]
松原成志朗・斎藤俊幸・生出佳・進博人・梅田学・勝田康広・三原康子・小林卓哉・寺田賢二郎, 焼成過程における陶器材料の構成方程式とその関数形の決定方法の提案 [日本機械学会論文集, Vol. 82 (2016) No. 843, pp. 16-00266-16-00266]

一覧へ