東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

次世代流動実験研究センター 弾道飛行装置

更新:2019-04-17
  • 問合せ
  • seed-373-1-jp.jpg
  • seed-373-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
弾道飛行装置は、高速で飛翔体を射出する装置です。射出速度は200m/sの亜音速から最高6km/sの超音速領域までの広い速度範囲であり、気体中、液体中の高速自由飛行実験、高速衝突実験が可能であり、航空宇宙、地球物理分野をはじめとする様々な理工学分野における基礎・応用実験が行えます。

産学連携の可能性
流体科学研究所における共用(外部利用可)の超音速実験研究に関わる施設の設備であり、高速飛翔体まわりの流れの計測から、高速衝突による材料物性の計測まで、幅広い分野でご利用いただけます。

研究者

流体科学研究所

永井 大樹 教授 
工学博士

NAGAI, Hiroki, Professor

キーワード

関連情報

一覧へ