東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

心臓と血管の血圧反射機能を独立に定量診断することができる非侵襲診断装置

更新:2018-12-12
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • PDF
  • seed-384-1-jp.jpg
  • seed-384-2-jp.jpg
  • seed-384-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
これまでに血管系の自律神経反射機能を診断する方法論は存在しなかった。我々は、心臓と血管の血圧反射機能を独立に定量診断する方法論を新しく発明した。メタボ対策などのヘルスケア産業に進展が期待される。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
予防医学の機器開発、医薬品、サプリメントの効果判定、健康維持機器開発。

研究者

加齢医学研究所

山家 智之 教授 
医学博士

YAMBE, Tomoyuki, Professor

キーワード

一覧へ