東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

極低放射能環境での高感度放射線計測

更新:2015-10-15
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-390-1-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
ニュートリノ科学研究センターでは、温湿度・振動などの点で非常に安定した地下1000mの空間に、1200立方メートルの有機シンチレータを主体とした装置を構築し、自然界と比べて1兆倍も放射線の少ない極低放射能環境を実現しています。そこでは、超高感度での放射線計測、特にニュートリノ観測を実施しているほか、極低放射能を実現するための純化装置や高機能な放射線測定装置の開発も行っています。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
極低放射能環境は希な現象の研究に適しているほか、微量放射能測定環境や放射線の生物進化への影響調査などへの活用が考えられます。また、ニュートリノ観測技術の原子炉モニターへの応用や、高感度放射線測定技術の医療への応用の可能性も考えられます。

研究者

ニュートリノ科学研究センター

井上 邦雄 教授 
博士(理学)

INOUE, Kunio, Professor

キーワード

一覧へ