東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

電子ビーム積層造形技術による素形材製造技術

更新:2018-12-12
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-410-1-jp.png
  • seed-410-2-jp.png
  • seed-410-3-jp.png
前の画像
次の画像
特徴・独自性
大量生産を中心とする金属製品の「もの作り」は海外へ流出し、日本が生き残ってゆくためには高付加価値の多品種少量生産やカスタムメイド生産に移行する必要があります。電子ビーム積層造形法は三次元CADデータに基づく電子ビーム走査により、金属粉末を選択的に溶融・凝固させた層を繰り返し積層させて三次元構造体を製作する新たなネットシェイプ加工技術です。金型レスのAdditive manufacturing技術として有望です。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
人工関節などの医療用機器のカスタム製造技術として。難加工性合金(チタン合金、マグネシウム合金など)からなる航空機・自動車部品などの製造に最適です。鋳造技術では不可能な素形材製造技術として期待されます。

研究者

金属材料研究所

千葉 晶彦 教授 
博士(工学)

CHIBA, Akihiko, Professor

キーワード

関連情報

論文
Build-direction dependence of microstructure and high-temperature tensile property of Co-Cr-Mo alloy fabricated by electron-beam melting (EBM) [Acta Materialia, 65, 2014, 154–168.]
一覧へ