東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

プロバイオティクスを利用したヒト炎症性腸疾患(IBD) の予防および治療科学

更新:2018-12-12
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-416-1-jp.gif
  • seed-416-2-jp.gif
  • seed-416-3-jp.gif
前の画像
次の画像
特徴・独自性
乳酸菌やビフィズス菌などの腸内有用細菌(プロバイオティクス)のヒト腸管付着性を正確に測定するBiacoreを用いての評価法を確立した。これにより、世界で初めてヒトのABO式血液型を認識・結合する多くのプロバイオティクスを発見した。大腸がんや潰瘍性大腸炎では、有害菌が下部消化管に結合することが初期の原因となるので、これを競合阻害するためのプロバイオティクスを探索し、予防医学的な腸疾患の防止と寛解維持を目指している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
過敏性大腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などの腸疾患を防ぐ、予防医学的なヒト臨床試験を目指している。本技術はヒトだけでなく、家畜や家禽などの疾病管理にも応用可能である。

研究者

農学研究科 生物産業創成科学専攻

齋藤 忠夫 教授 
農学博士

SAITO, Tadao, Professor

キーワード

関連情報

論文
I-N, Huang et al., New screening methods for probiotics with adhesion properties to sialic acid and sulphate residues in human colonic mucin using the Biacore assay. [J. Appl. Microbiol., 114, 854-860, 2012]

M. Watanabe et al., Identification of a new adhesin-like protein from Lactobacillus mucosae ME340 with specific affinity to the human blood group A and B antigens. [J. Appl. Microbiol., 109, 927-935, 2010]

H, Kinoshita et al., Cell surface Lactobacillus plantarum LA318 glycelaldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) adheres to human colonic mucin.[J. Appl. Mictobiol., 104, 1667-1674, 2008]

H. Uchida et al., Lactobacilli binding human A-antigen expressed in intestinal mucosa. [Res. Microbiol., 157, 659-665, 2006]

H. Uchida et al., Lactic acid bacteria (LAB) bind to human B- or H-antigen expressed on intestinal mucosa. [Biosci. Biotechno. Biochem., 70, 3073-3076, 2006]

H. Uchida et al., A New assay using surface plasmon resonance (SPR) to determine binding of the Lactobacillus acidophilus group to human colonic mucin[Biosci. Biotechnol. Biochem., 68, 1004-1010, 2004]

T. Saito, Selection of useful probiotic lactic acid bacteria from the Lactobacillus acidophilus group and their applications to functional foods.[Animal. Sci. J., 75, 1-13, 2004]
一覧へ