東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

英語の語彙・語形成の共時的・通時的研究

更新:2015-10-15
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-446-1-jp.jpg
  • seed-446-2-jp.png
前の画像
次の画像
特徴・独自性
世界最大の辞書といわれるthe Oxford English Dictionaryを始め、英語という言語には、他の言語には類を見ない質と量の「コーパス」(言語資料)が蓄積・整備されてきています。また、英語は、史上初めて「地球語」としての役割を担う言語であり、母語話者間の方言だけでなく、外国語として英語を学ぶ人々の「方言」も存在するという大変珍しい言語です。そのような言語で、語や形態素がどのように出現し、使われ、変化していくのかを、大型電子コーパスや文献・辞書資料を駆使して調査しています。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
1) 英語の辞書・電子コーパス(学習用、専門用語、方言)の構築、2)自然言語処理、機械翻訳の基礎研究、3) 言語教育、4)英語における新語・ネーミング(商品開発や広告)

研究者

情報科学研究科

長野 明子 准教授 


NAGANO, Akiko, Associate Professor

キーワード

一覧へ