東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

ICT応用に向けた新機能半導体レーザ光源技術

更新:2018-12-10
  • 問合せ
  • seed-496-1-jp.jpg
  • seed-496-2-jp.jpg
  • seed-496-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
半導体レーザの高機能化を実現する新機能半導体レーザ光源技術の創出を目指し、以下の研究開発を進めています。
1. 100Gbps NRZ 信号で動作可能な集積型半導体レーザの実現を目指して研究開発を進めています。
2.光フィルタを周波数弁別器とした光負帰還法を単一モード半導体レーザへ適用することで、小型な超狭線幅光源の実現を目指しています。
3.光変調器を用いた平坦な光周波数コム発生の研究を進めています。

産学連携の可能性
研究開発で実現を目指す新機能半導体レーザ光源技術は、次世代光通信システムや超精密光計測システムの機能や性能を大幅に改善できる技術と考えています。

研究者

電気通信研究所

八坂 洋 教授 
博士(工学)

YASAKA, Hiroshi, Professor

キーワード

一覧へ