東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

バイオ燃料生産に適したイネの開発研究

更新:2015-10-15
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-50-1-jp.jpg
  • seed-50-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
セルラーゼ遺伝子を用いたバイオ燃料生産に適したイネの開発研究を行っている。収穫前にセルラーゼを高発現させ細胞壁の部分分解を行えば、収穫後の稲わらの糖化性が向上するのではないかと考えた。まず、セルラーゼを恒常的に高発現するイネを作成したところ、稲わらの糖化性が向上したが、形態異常や不稔が観察された。そこで、老化時期特異的にセルラーゼを高発現させたところ、形態や稔性は正常で稲わらの糖化性が向上した。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
未利用稲わらをバイオマスとして有効利用できる。この技術は他の植物に応用可能である。また、改良されている前処理や糖化・発酵微生物と組み合せることによりさらにバイオ燃料生産の効率化が図れる。

研究者

農学研究科

伊藤 幸博 准教授 
農学博士

ITO, Yukihiro, Associate Professor

キーワード

関連情報

一覧へ