東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

高性能な小型センサ・アクチュエータの設計、製造とテスト

更新:2018-12-10
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-502-1-jp.jpg
  • seed-502-2-jp.jpg
  • seed-502-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
金属ガラスやナノ構造などの新しい種類の材料をマイクロテクノロジと統合して、音響センサやアクチュエータ、熱電発電およびウェハレベルパッケージ等の新規デバイスの研究/開発を行っている。これらはマイクロ・ナノ・エレクトロ・メカニカル・システム(MEMS / NEMS)と呼ばれ、今日のスマートフォンや自動運転、ドローン等に欠かせない技術となっている。学内外のパートナーと連携して基礎的な材料/プロセス技術からパッケージングや信頼性等、産業に移転可能な実用化技術までを開発している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
マイクロシステム分野で幅広い産学連携が可能である。信頼性、歩留り等、重要な項目で産業へ技術移転が可能なレベルにプロセス、デバイス、システムの開発を最適化ができる。 フラウンホーファー研究機構と協力実績があり、産学連携において幅広いプロジェクト要件への対応や複雑なシステムソリューションを提供することができる。

研究者

材料科学高等研究所

ヨーク フロメル 准教授 
工学博士

FROEMEL, Joerg, Associate Professor

キーワード

一覧へ