東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

セロトニン高含有トマトは医者を青くする

更新:2018-12-10
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-504-1-jp.jpg
  • seed-504-2-jp.jpg
  • seed-504-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
セロトニンは血液脳関門を通過できず、中枢と末梢において独立した合成系と生理作用を有する。セロトニンを抹消に投与することで、胆汁酸サイクルと糖・脂質の代謝が高くなることに加え、骨格筋におけるエネルギー代謝が亢進されます。末梢セロトニンには、高脂肪食摂取マウスの体重増加を抑制する抗肥満作用があることを世界で始めて発見した。セロトニンはトマト、キウイ、バナナなどの農作物に含有されていることから、セロトニン高含有農作物の作出は食生活の改善と機能性食品の開発に繋がることを明らかにした。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
種苗業界の共同研究によって、セロトニン高含有農産物の作出が発展する。トマトジュースのセロトニン含有量が低下することより、機能性食品としての製造法などを食品業界との共同研究で打開していきたい。また、エネルギー代謝を調整できる家畜飼料開発も可能である。

研究者

農学研究科

麻生 久 教授 
医学博士

ASO, Hisashi, Professor

キーワード

関連情報

Watanabe H, Akasaka D, Ogasawara H, Sato K, Miyake M, Saito K, Kanaya T, Takakura I, Chao G, Rose MT, Ohwada S, Watanabe K, Yamaguchi T, Aso H, Peripheral serotonin enhances lipid metabolism by accelerating bile acid turnover. Endocrinology 151 (10): 4776-4786, 2010.
Watanabe H, Rose MT, Aso H, Role of peripheral serotonin in glucose and lipid metabolism. Current Opinion in Lipidology 22:186–191, 2011.
Watanabe H, Nakano T, Saito R, Akasaka D, Saito K, Ogasawara H, Minashima T, Miyazawa K, Kanaya T, Takakura I, Inoue N, Ikeda I, Chen X, Miyake M, Kitazawa H, Shirakawa H, Sato K, Tahara T, Nagasawa N, Rose MT, Ohwada S, Watanabe K, Aso H, Serotonin improves high fat diet induced obesity in mice. PLoS ONE 11(1): e0147143, 2015.
Islam J, Shirakawa H, Nguyen TK, Aso H, Komai M, Simultaneous analysis of serotonin, tryptophan and tryptamine levels in common fresh fruits and vegetables in Japan using fluorescence HPLC. Food Bioscience, 13, 56-59, 2016.
Hano S, Shibuya T, Imoto N, Ito A, Imanishi S, Aso H, Kanayama Y, Serotonin content in fresh and processed tomatoes and its accumulation during fruit development. Scientia Horticulturae 214: 107–113, 2017.
一覧へ