東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

糖鎖精密認識レクチンによる糖鎖解析および細胞制御

更新:2017-02-02
  • 問合せ
  • seed-509-1-jp.jpg
  • seed-509-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
1) 特徴・独自性
糖鎖は、細胞表面上に糖タンパク質や糖脂質として存在し、細胞間認識や制御など情報伝達機能に関わる。我々は、糖鎖認識分子である各種レクチンを海洋生物などから単離し、構造・機能を明らかにしてきた。例えば,魚類卵ラムノース結合レクチンは, Gb3を介してIL1など炎症性サイトカインを誘導する。また,マアナゴガレクチンの進化に基づく各種変異体を作成し、より精密な特異性を持つレクチンの開発にも成功している。

2)産学連携の可能性
レクチンによる糖鎖プロファイリングによるiPS/ES細胞からの分化,がん化などの細胞の機能解析、細胞の分離。アポトーシスなど細胞制御への応用。抗ウィルス機能を利用した抗トリインフルエンザ資材開発など。

研究者

生命科学研究科

小川 智久 准教授 
博士(理学)

OGAWA, Tomohisa, Associate Professor

キーワード

関連情報

論文:Diversified carbohydrate-binding lectins from marine resources. [J. Amino Acids, Vol. 2011 (2011), Article ID 838914, 20 pages, doi:10.4061/2011/838914]
著書:Ogawa, T. and Shirai, T. (2013) Experimental molecular archeology: reconstruction of ancestral mutants and evolutionary history of proteins as a new approach in protein engineering. In: Protein Engineering -Technology and Application (Ed by T. Ogawa) InTech, ISBN 980-953-307-520-9
一覧へ