東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

グリーンプロセスによる高機能フォトセラミックスの創製

更新:2019-02-18
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-51-1-jp.jpg
  • seed-51-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
機能性セラミックスにおける「合成・構造・機能」の相互関係を深く理解し、より高機能な材料を提供できる合成法を展開すると共に、新物質及び新機能の探索を行っている。特に、白色LED用蛍光体や可視光応答型光触媒を想定した新しい多元系酸化物、酸窒化物、硫化物の開発と実用化への展開を目指している。また、グリーン化学の観点から、『水』を利用するセラミックス合成プロセスの開発も行っている。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
新物質開拓を通じて様々な励起発光特性を有する高輝度な蛍光体の開発が可能であり、これらは白色LEDや示温材料など様々な応用が可能である。

研究者

多元物質科学研究所

垣花 眞人 教授 
理学博士

KAKIHANA, Masato, Professor

キーワード

関連情報

論文
Orange Emission from (Ba1-XSrX)4Al2S7:Eu2+ Thioaluminate Phosphors with Visible Light Excitation [ECS J. Solid State Sci. Tech., 2, 2012, R3107]
一覧へ