東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • 環境
  • メタン発酵とアナモックスプロセスの応用

メタン発酵とアナモックスプロセスの応用

更新:2017-02-23
  • 問合せ
  • seed-518-1-jp.jpg
  • seed-518-2-jp.jpg
  • seed-518-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
嫌気性微生物系(メタン生成古細菌とアナモックス細菌)と機能性材料(分離膜、担体)の融合利用により、有機性排水・廃棄物の処理に適した省エネルギー・低炭素型かつエネルギー生産ができる高効率的処理技術を確立していきたいです。図1に示すように、嫌気性膜分離反応槽と担体添加型一槽式アナモックス(ANAMMOX)ユニットを組み合わせることによって新しい排水・廃棄物処理システムを構築し、図2のような効果の実現を目指しています。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
下水、産業排水、ごみ埋立処理処分場浸出水などの有機性排水処理および廃棄物系バイオマスのエネルギー資源化を目指して、環境プラントメーカーまたはバイオガス発電事業者との連携を図っていきたいです。

研究者

工学研究科 / レアメタル・グリーンイノベーション研究開発センター

李 玉友 教授 
工学博士

LI, Yu-You (RI, Gyokuyu), Professor

キーワード

一覧へ