東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • エネルギー
  • エネルギー・環境問題の解決に向けたマルチフィジックス・マルチスケールシミュレーションによる材料設計

エネルギー・環境問題の解決に向けたマルチフィジックス・マルチスケールシミュレーションによる材料設計

更新:2018-12-10
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-520-1-jp.jpg
  • seed-520-2-jp.jpg
  • seed-520-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
エネルギー・環境問題の解決のためには、燃料電池、リチウムイオン電池、トライボロジーなどの多様な研究分野において高機能・高性能材料の開発が必須です。特に、近年の材料技術は、ナノスケールにおける化学反応とマクロスケールの多様な物理現象が複雑に絡み合ったマルチフィジックス・マルチスケール現象であることが知られています。久保研究室では、量子論に基づくマルチフィジックス・マルチスケールシミュレータを世界に先駆けて開発するとともに、スーパーコンピュータ「京」と金属材料研究所のスーパーコンピュータの活用により、理論に基づく高精度な材料設計を推進しています。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
久保研究室で開発した量子論に基づくマルチフィジックス・マルチスケールシミュレーション技術の活用により、自動車、機械、電力、エレクトロニクス、材料、金属、化学などの多様な企業における材料開発を、高精度な理論に基づき高速化することで、エネルギー問題・環境問題の解決に向けた貢献を目指しています。

研究者

金属材料研究所

久保 百司 教授 
博士(工学)

KUBO, Momoji, Professor

キーワード

関連情報

J. Xu, S. Bai, Y. Higuchi, N. Ozawa, K. Sato, T. Hashida, and M. Kubo, Multi-Nanoparticle Model Simulations of the Porosity Effect on Sintering Processes in Ni/YSZ and Ni/ScSZ by the Molecular Dynamics Method, J. Mater. Chem. A, 3 (2015) 21518-21527.
T. Kuwahara, H. Ito, K. Kawaguchi, Y. Higuchi, N. Ozawa, and M. Kubo, The Reason Why Thin-Film Silicon Grows Layer by Layer in Plasma-Enhanced Chemical Vapor Deposition, Sci. Rep., 5 (2015) 9052.

一覧へ