東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

異種材料接合における新たな界面設計・制御

更新:2019-06-03
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-524-1-jp.jpg
  • seed-524-2-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
異種材料接合は、次世代の構造物やデバイスの製造において重要な技術であるが、これまでは、接合界面での過度な素材間の反応により特性が劣化するため、良好な接合継手を得ることは困難であった。当研究室では、素材間の過度な反応を抑制し得る摩擦攪拌接合や超音波接合などの固相接合技術を駆使し、また接合時の界面現象解明を通じて、特性を劣化させない界面を、意図的に作り込む新たな接合技術の開発を目指している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
次世代の輸送機器や電力設備などでは、鋼、アルミニウム合金、チタン合金、銅など各種金属同士の接合に限らず、金属と熱可塑性樹脂との接合も含めた異種材料接合の実機適用を目指した企業等との共同研究を希望する。

研究者

工学研究科 材料システム工学専攻

佐藤 裕 教授 
博士(工学)

SATO, Yutaka, Professor

キーワード

一覧へ