東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

フェムト秒レーザー光を用いるナノ粒子作製

更新:2013-04-17
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-57-1-jp.jpg
  • seed-57-2-jp.png
前の画像
次の画像
特徴・独自性
フェムト秒レーザーを用いて、貴金属(金、白金、銀、パラジウム)のナノ粒子を作製している。貴金属の水溶液にレーザー光を集光するだけで、数ナノメートルの大きさの粒子が合成できる。還元剤を必要としないので、不純物の混入が少ない上に、これらの貴金属元素間の合金ナノ粒子の合成が可能であることも確認している。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
特に、バルクでは相分離する系でも固溶合金粒子の作製が可能である。また、液体中で合成されるので、ナノ粒子の回収も容易である。

研究者

多元物質科学研究所

佐藤 俊一 教授 
工学博士

SATO, Shunichi, Professor

キーワード

一覧へ