東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

ナトリウムフラックス法を用いて多孔質SiCセラミックスを作製する

更新:2019-01-18
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-61-1-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
炭化ケイ素(SiC)の合成は、一般に1200℃を超える高温条件下で行われる。研究者らは、Si+C→SiCの反応において、ナトリウム(Na)を利用することで、β型立方晶系のSiCが700℃で合成できることを見出した。この合成法で、数ナノメートルの粒径を有する微粉末や、原料圧粉成型体の形状を保持した多孔体、図に示すような生体由来の組織を維持した多孔体が得られた。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
作製されるSiC多孔体は、高温ガスまたは融液のフィルターや触媒担体、軽量構造材料などに利用できる可能性がある。

研究者

多元物質科学研究所

山根 久典 教授 
理学博士

YAMANE, Hisanori, Professor

キーワード

関連情報

論文
F. KAWAMURA, Hi. YAMANE, T. YAMADA, S. YIN, T. SATO
Low Temperature Synthesis of β-SiC Powder by the Na Flux Method using Fullerene and Silicon
Journal of the Ceramic Society of Japan,115,74-76 (2007.1)

F. Kawamura, H. Yamane, T. Yamada, S. Yin, T. Sato
Low-Temperature Fabrication of Porous β-SiC Ceramics in Sodium Vapor
Journal of the American Ceramic Society,91(1), 51-55 (2008.1)

H. Yamane, F. Kawamura, T. Yamada
Low-temperature synthesis of biomorphic cellular SiC ceramics from wood by using a Na flux
Journal of the Ceramic Society of Japan,116(1), 163-165 (2008.1)

H. Morito, H. Yamane, T. Yamada, S. Yin, T. Sato
Low-temperature synthesis of SiC porous granules from activated charcoal with a Na flux and their mechanical properties
Materials Transactions,49(9),1929-1933(2008.8)

H. Yamane, T. Shirai, H. Morito, T. Yamada, Y. Hasegawa, T. Ikeda
Fabrication of porous SiC ceramics having pores shaped with Si grain templates
Journal of the European Ceramic Society, 31, 409-413 (2011.3)

森戸春彦, 山田高広, 山根久典
金属ナトリウムを利用したSiCの低温合成
セラミックデータブック2008/09,36(90),136-139(2008.11)
一覧へ