東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

人工ナノ構造制御によるスピントロニクス材料の創製

更新:2018-10-11
  • ENGLISH
  • 問合せ
  • seed-75-1-jp.jpg
  • seed-75-2-jp.jpg
  • seed-75-3-jp.jpg
前の画像
次の画像
特徴・独自性
スピントロニクスに役立つ材料の創製と物理現象に関する基礎研究を行っています。特に、ホイスラー合金やL10型合金などの磁性規則合金を用いたナノ積層構造やトンネル接合あるいは複合的な素子構造を作製し、新しい磁気特性や磁気伝導特性の探索と解明に取り組んでいます。最近では、スピントロニクスの基礎概念であるスピン流と熱流の相関効果に興味を持ち、新奇な熱電変換現象の探索にも取り組んでいます。

産学連携の可能性(想定される用途・業界)
磁気ストレージ(HDDやMRAMなど)や関連した省エネルギースピントロニクスデバイス、新規な熱電変換デバイス(異常ネルンスト効果によるエネルギーハーベスト技術やペルチエ冷却素子)などでの共同研究。

研究者

金属材料研究所

高梨 弘毅 教授 
理学博士

TAKANASHI, Koki, Professor

キーワード

関連情報

論文
“Visualization of anomalous Ettingshausen effect in a ferromagnetic film: Direct evidence of different symmetry from spin Peltier effect” [Editor's Pick]
T. Seki, R. Iguchi, K. Takanashi, and K. Uchida
APPLIED PHYSICS LETTERS, Vol. 112, No. 15, 2018, 152403-1~5.

“Current perpendicular-to-plane giant magnetoresistance using an L12 Ag3Mg spacer and Co2Fe0.4Mn0.6Si Heusler alloy electrodes: Spacer thickness and annealing temperature dependence”
Takahide Kubota, Yusuke Ina, Zhenchao Wen, Hiroyuki Narisawa, and Koki Takanashi
PHYSICAL REVIEW MATERIALS, Vol. 1, No. 4, 2017, 044402-1~7.
一覧へ