東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE
  • トップ
  • お知らせ>不安の改善には食事による十分なヒスチジン摂取が有効―ヒスチジン欠乏食によりマウスの不安様行動が増加―

不安の改善には食事による十分なヒスチジン摂取が有効―ヒスチジン欠乏食によりマウスの不安様行動が増加―

東北大学大学院医学系研究科の吉川 雄朗(よしかわ たけお)助教と谷内 一彦(やない かずひこ)教授の研究グループは、食事によるヒスチジン摂取が充分でないとヒスタミン不足を生じ、その結果マウスでは不安様行動が増加することを明らかにしました。本研究は、神経ヒスタミン系の機能を維持するためには十分量のヒスチジンを食事から摂取する必要があること、また、十分にヒスチジンを摂取することでヒスタミン神経系が正常に維持され、不安行動の改善につながる可能性を初めて明らかにした重要な報告です。

本研究は平成26年9月20日に米国栄養学会が出版するJournal of Nutrition誌に掲載されました。



詳細(プレスリリース本文)PDF
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20140925_02web.pdf


問い合わせ先

東北大学大学院医学系研究科機能薬理学分野
教授 谷内 一彦(やない かずひこ)
電話番号:022-717-8056
Eメール:yanai*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

報道担当

東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
講師 稲田 仁 (いなだ ひとし)
電話番号:022-717-7891
ファックス:022-717-8187
Eメール:hinada*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)


=================================================================
関連シーズはこちら!

『分子イメージングの開発と創薬への応用』
医学系研究科 機能薬理学分野/サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 谷内 一彦 教授・センター長http://www.rpip.tohoku.ac.jp/seeds/profile/4/lang:jp/
更新: 2014.09.30