事業概要

 

概要

「官民イノベーションプログラム創設/産学共同の研究開発による実用化促進」

  1. 国立大学自らが、世界最高水準の独創的な研究開発に挑戦し、その成果を新産業の創出までつなげていくことにより、我が国社会の発展に寄与する機能を抜本的に強化することが必要であること。
  2. 「日本経済再生に向けた緊急経済対策」(平成25年1月11日閣議決定)において、実用化に向けた官民共同の研究開発を推進することとされたこと。

これらを背景に、官民イノベーションプログラムが創設され、文部科学省による「産学共同の研究開発による実用化促進(大学に対する出資事業)」が開始されました。

東北大学では、平成27年2月、産業競争力強化法に基づく認定特定研究成果活用支援事業者として、東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(略称:THVP)を設立するとともに、同年8月、東北大学発の研究成果の事業化を目指すベンチャー企業への投資を目的とする「THVP-1号ファンド(投資事業有限責任組合)」を設立し、東北大学は当該ファンドへ70億円を出資することを決定しました。

産学共同の研究開発による実用化促進を図るとともに「東北大学発の研究成果」を活用した起業を推進するため、世界最高水準の独創的な研究開発を支援し、その成果を新産業の創出につなげるため、THVPとともに、イノベーションの源泉となる大学発ベンチャー企業への投資及び事業支援を展開していくこととしています。

 

目標・計画

目標・計画について

 

ファンドスキーム

ファンドスキームについて

東北大学ベンチャーパートナーズ

東北大学連携ビジネスインキュベーター

東北大学スタートアップガレージ

東北大学

東北大学 産学連携機構