東北大学 研究シーズ集

LANGUAGE

犯罪予防の促進要因の検討

更新:2020-06-16
前の画像
次の画像

特徴・独自性

犯罪者は誰を狙い、どこで犯行に及ぶのでしょうか。また、犯罪の被害に遭わないようにするためには、我々はどのようなことを心掛け、どのような場所を避けると良いのでしょうか。あるいは、環境を整えることで犯罪を防ぐことは可能なのでしょうか。こうした点を心理学的な手法を用いて研究し、犯罪からの安全や安心を目指すための方策を考えています。

産学連携の可能性 (想定される用途・業界)

犯罪からの安全や安心だけではなく、社会全般の安全・安心を提供するような様々な業界との産学連携を想定しています。

研究者

文学研究科・心理学研究室

荒井 崇史 准教授 
博士(心理学)

ARAI, Takashi, Associate Professor

キーワード

一覧へ